探しに行こう!森の恵み 、地域の恵み探検隊

戸隠の鳥たち

(更新日: 2009/02/22)

HOME 戸隠の鳥たち > 第2章 野鳥図鑑

イスカ

→画像表示 [ オリジナル ]
記録日: 2009/02/22 戸隠

イスカ

スズメ目アトリ科 Crosbill

全長 16.5cm (スズメよりやや大きい)

分布 ほぼ全国 本州中部以北で繁殖(はんしょく)例有り

季節 冬鳥

環境 低地、山地のマツやモミの木の林

名前の由来 「ねじけている」の古語「いすかし」

特徴(とくちょう) くちばしは上下に曲がり、食い違っている
   (おす)は体が朱赤色、翼と尾は黒色。(めす)(おす)の朱赤
   色の部分が褐色(かっしょく)味のある黄緑色。

鳴声 さえずり チュッチチュイチーン 
        チュチュピーピーピーピー

   地鳴 チョッチョッ又はジッジッ

習性 多くは冬鳥として九州以北の松林やモミの木に
   渡来し松ぼっくりにぶら下がり、その種子を食
   べます。
   そのねじれたくちばしは堅い松の実をこじあけ
   るのに適してます。ハンノキ、カバノキなどの
   実も食べます。
   渡来する数は年にむらがあって全く渡来しない
   年もあります。
   本州中部以北で繁殖(はんしょく)例があり冬でも繁殖(はんしょく)し、年
   2回繁殖(はんしょく)することもあります。

はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ