探しに行こう!森の恵み 、地域の恵み探検隊

二本の巨木と友だちになろう

(更新日: 2009/04/16)

HOME 二本の巨木と友だちになろう > 第6章 ジャンボカラマツ

6-1 ジャンボカラマツの特徴

▼1 塩尻市天然記念物

▼2 ジャンボカラマツ

▼3 特徴があるよ

▼4 森の巨人たち100選


動画 [Windows Media Video 形式]
記録日: 2008/10/05 塩尻

【ジャンボカラマツの特徴 樹木医(じゅもくい)さんのお話】
自然林の広がる中でこれだけの広い面積を占有してカラマツが成長したことは奇跡に近い事象といえる。
カラマツは先駆樹といわれ山火事などで丸裸になった森に最初に生える木である。他の先駆樹としては白樺等がある。自然林の中に自生することはまずない。
カラマツは建材としては、割れたり、脂が出たり、ねじれるため扱いにくい材質である。
ジャンボカラマツは250年経過していると言われるが、カラマツとしては年長な木である。
カラマツの植えられている面積は、全国的には5%程度でそれほど多くは無い。
塩尻市の天然記念物に指定されている。

はじめにもどる   ひとつもどる       つぎへすすむ